◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
骨粗しょう症の予防
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


骨粗しょう症(骨粗鬆症)、こつそしょうしょうと読みます。
鬆という文字は、まばらである状態のことです。
つまり、骨粗しょう症(骨粗鬆症)は、骨が粗く、まばらな状態になる病気です。
英語では、Osteoporosisと言います。意味としては、骨に穴があいた状態ということです。
英語でも、日本語でも、骨粗しょう症(骨粗鬆症)は骨がスカスカで、もろくなってしまう病気のことをさします。
骨は、たんぱく質に、カルシウム、リンなどのミネラルが結びついて作られます。
ミネラルだけが減少した状態を骨軟化症といいますが、
たんぱく質とミネラルの
両方が減少してしまうことにより、骨の量が減少してしまう病気が骨粗しょう症です。
骨がもろくなり、変形したり、骨折したりしてしまいます。
予防のためには、適度に運動を行って、食事を改善する必要があります。
牛乳を飲んで予防するという話がありますが、そこまで効果があるわけではありません。
食事を改善するためには、バランスのとれた食事のレシピを用意する必要があります。
検査は背骨のエックス線写真と骨密度の測定です。
ステロイド薬の長期使用に伴うステロイド性骨粗鬆症というものもあります。
ボロンというサプリメントが予防に効果があるといわれています。
薬の副作用で、あごの骨の壊死が起こるということがあったので、かなり副作用に対して警戒されています。
骨密度を高くするような食べ物を摂取することが予防になります。
そのためにはカルシウムを摂取すると良いのですが、カルシウムだけでなく、ビタミンDも必要です。
さらにある程度負荷をかけることで、骨が強くなります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)骨粗しょう症の予防